2015年1月20日

ACC-TRW アクセサリーキット購入

予備バッテリー


クチコミで「a6000はバッテリーのもちが悪い」というのを見かけ、残量を気にしながら撮るのはイヤなので、即購入しました。

初期セットには充電器は同梱されていません。

カメラ本体にバッテリーをセットしたままコードを繋いで充電する仕様なので、予備バッテリーを充電中にカメラを使いたいなら、バッテリー単体よりも充電器とのセットがオススメです。

なんでもそうなのですが、純正はお高い。バッテリーも同じです。

でもバッテリーは購入前に注意が必要みたいですね。純正は高いけど安心安全。互換は安いけどちょっと心配(発熱・膨張・劣化が早い・最悪入れても認識されない などのクチコミ・噂あり)。

純正を買うか、互換を買うか?

過去、使ったことのある互換はロワの日本製セル。リコーCX3の予備バッテリーとして、もう5年使用していますが、今のところ不具合は起きていません。ラッキーだっただけ?

互換バッテリーを使っていて、実際にカメラごとダメになった…という方、身近にいますか??

3倍の価格差に驚きつつ、メーカーから「何か起きても保証できませんよ」って言われてしまうと不安になります。(なんかプリンターの互換インクの話と似てる)

悩んだ挙句、結局純正を買いました。

まぁ「安心」を買ったという事で。

0 件のコメント:

コメントを投稿