2015年12月7日

テーブルフォトにはどのレンズがオススメですか?

a6000を使いはじめて約1年。

そんなに使い込んでるわけじゃないのですけど、キットレンズ(今持っているのは、SELP1650とSEL55210の2本)だけだとやや物足りない…。安易なのですが次のレンズが欲しくなってきました。

予算的なものもありますけど、初心者のステップアップとして、キットレンズの次はどんなレンズがおすすめなんでしょう?

購入するかしないかは別として、まずはリサーチ開始!

※なお、以下は初心者がネット検索で得た情報を整理してみただけなので、ここが違うよ。これはおかしいよ。という箇所があればご指摘いただけると幸いです。



a6000で使えるレンズって



純正以外、どんなメーカーがEマウント対応レンズを出しているのかさえよく分からない私には、価格.COMの製品一覧で、いろいろ検索条件をかえて並び替えてみるのが分かりやすかったです。(価格やクチコミも確認できます)

目的:テーブルフォト、綺麗なボケ


1つのレンズで今の悩みを全て解決するのは難しいので、まずは室内で料理や雑貨などBLOG用の気軽なテーブルフォトを、窓からの自然光だけで三脚なしでブレずに撮りたい!ボケも綺麗に出したいです。

一般的に、テーブルフォトには35mm換算で50~100mm前後の明るいレンズがオススメらしい。(寄れればなおよし)

そんな情報もふまえてピックアップしてみたのは以下の単焦点レンズ。ちなみに、マクロはSEL30M35以外、予算的に選択の余地がないので、比較一覧 からは除外。

E 50mm F1.8 OSS SEL50F18


メーカー希望小売価格(税別):¥35,000
発売日:2012年 3月 9日
価格.COMでの価格推移 2013/12~の底値:¥21,840
重量:204g
最短撮影距離:0.39m
作例:

他社ではこの50mmF1.8のレンズはシンデレラレンズとか言われていますが、ソニーも同じでしょうか?レビューも多く、人気のレンズです。

私にはどうかな?と思って、手持ちのレンズを50mmにして何枚か撮りましたが、「引けない室内では若干撮りづらい印象」。屋外ではとても使いやすい画角でした。

E 35mm F1.8 OSS SEL35F18


メーカー希望小売価格(税別):¥53,000
発売日:2012年12月 7日
価格.COMでの価格推移 2013/12~の底値:¥34,356
重量:154g
最短撮影距離:0.3m
作例:
手持ちレンズを35mmにして画角確認。あくまでも画角だけですが、50mmより室内では撮りやすかったように感じました。個人的にはこっちのほうが使いやすいかな。

30mm F2.8 DN


※19mm F2.8 DN、60mm F2.8 DN もあり

メーカー希望小売価格(税別):¥24,000
発売日:2013年 3月22日
価格.COMでの価格推移 2013/12~の底値:¥12,480
重量:140g
最短撮影距離:0.3m
作例:


シグマ Artライン DNシリーズの3兄弟。いずれも1万円台、そして写りも評判良し!とても気になっているレンズです。ですが、このレンズ達には手ぶれ補正がない。ファストハイブリッドAFには対応していないという2点は要注意ですね。

個人的に気になるのは30mmF2.8DN。同じような画角で、純正のSEL35F18と比較して悩んでいる方もいらっしゃるようですね。ちなみに価格は2倍以上違います。

F1.8のほうがボケは綺麗に出やすいのでしょうけど、その他は?画角はともかく、このF値の差が写真にどのように影響してくるのか私にはよくわからない。F2.8 ですら体験したことのない世界だもの。

自分に必要なのは


ここまでざっと比べてみたけれど、予算的に許せばSEL35F18が今の私には1番ぴったりのような気がします。

まずはお手頃価格の30mmF2.8DNを買ってみて、手ぶれ補正がないと不便。綺麗なボケが足りない。と不満を感じたら売却・買い替えという方法でも良さそう?でも結果的に2つ買うなら、最初からSEL35F18を買っちゃったほうが出費が少なくて済むんだよな。

そもそも、室内撮りでの光量不足によるブレって、ちゃんと三脚使えばいいのですよね。でも、BLOGレビュー用の「お気楽室内撮り」に三脚使うのメンドイ…。あ、そんな事言ってちゃ上達しませんか?

う~ん、悩む。

しばらくキットレンズで30~35mm前後の撮り比べをしてみて画角を決めるのと、手ぶれ補正をOFFにして練習してみます。三脚も検討しなくちゃいけないかな~。

0 件のコメント:

コメントを投稿